アメリカンスナイパー 解説

ジム・デフェリスの小説アメリカン・スナイパーについてのあらすじや作品解説はもちろん、実際にアメリカン・スナイパーを読んだユーザによる長文考察レビューや評価を閲覧できます。 ローゲンは「『アメリカン・スナイパー』は好きだ。 ただタランティーノの映画のシーンを思い出しただけだよ」と反論している [59] 。 上記の二人に対しては俳優の ロブ・ロウ [60] 、政治家の ニュート・ギングリッチ [61] らがTwitter上で厳しい批判を行った。 ブログを報告する, カウボーイを夢見て、実際に狙撃手=ガンマンになったカイルは、五輪メダリストの経歴をもつ反政府勢力最高の狙撃手と最後に“果たし合い”を行う。ライフルから放たれた弾丸が、弾道も鮮明に遙か彼方の相手目がけて飛んでいくさまは、近年の, アメリカン・スナイパー 感想(ネタバレなし) - アメリカンにアメリカ映画を観る!, ポッドキャスト第一弾 マッドマックス怒りのデス・ロード解剖~コメディ映画?フェミニズム?赤と青の意味…. (ネタバレなしの感想→アメリカン・スナイパー 感想(ネタバレなし) - アメリカンにアメリカ映画を観る!), ポッドキャスト アメリカン・スナイパーの”モヤモヤ”を考える(音声解説) - アメリカンに映画を観る!, ポッドキャスト アメリカン・スナイパーの”モヤモヤ”を考える(音声解説) - アメリカンに映画を観る!, クリス・カイルが戦場が生還したものの、生ける屍となってしまい、現実にアジャストできず壊れていく様子が描かれていることだろう。, 160人以上を仕留めた敏腕スナイパーの”一人目”は子どもで、”二人目”はその母であろう人物だった。スコープ越しに映し出される標的の命を奪っていくのは、『第三の男』での「(観覧車から客を見下ろしながら)あの点の一つが、永遠に動きを止めたとしても、お前に気にするか?」というような、冷徹な態度だけでは対処できないことだ。, クリス・カイルは、アメリカに戻ってきても、以前の平穏な暮らしは送れなくなっていた。血圧も異常に高く、スナイパーとしての職業病か、妻と会話しているときも、ほとんどまばたきをしない。それに、芝刈り機の音や、ドリルの音にも過敏だ。それもそのはず、彼は戦場で自らの判断により、最終的には罪のない男の子の命が、ドリルによって奪われてしまったのだ。オフのテレビ画面を眺めていても、イラクでの悪夢が蘇る。, そして、同じように戦争の傷に苦しむ 兵士たちを助けることで、クリスはようやく自ら平穏を手に入れようとする。しかし、その好意が彼の命を奪うことになった。ラストシーン、外で待っていた兵士の目は完全に死んでいたし、以前のクリス同様、まばたきをしていなかった。自らを苛んだ、アメリカの戦争に彼は飲み込まれてしまった。, 様々な映画評論家のレビューを読んでいると、興味深い点がいくつかあったので紹介しておきたい。, Forbesの連載にて門真雄介氏は、この作品の裏テーマとして、 「西部劇のダイナミズム」を挙げている。, カウボーイを夢見て、実際に狙撃手=ガンマンになったカイルは、五輪メダリストの経歴をもつ反政府勢力最高の狙撃手と最後に“果たし合い”を行う。ライフルから放たれた弾丸が、弾道も鮮明に遙か彼方の相手目がけて飛んでいくさまは、近年のイーストウッド作品にはなく劇画的だ。また、カイルたちネイビー・シールズが敵陣の建物屋上で孤立し、大砂塵の中、迫りくる反政府勢力を迎え撃つ場面は、西部劇でおなじみの砦を巡る攻防と相通ずる。, http://forbesjapan.com/summary/2015-03/post_2059.html, たしかにそうだ。補足しておきたいのだが、このスナイパーはクリスカイルの手記では一行分しか言及されていないそうで、この細かな設定は創作だそうだ(2015年4月号映画秘宝より)。ここにも、きちんと敵側の内情も描くという(当たり前に思えるが案外軽視されがちな)側面が見られ、アメリカを美化しようなんてことはしていないこの映画の意図が分かる。, また、超映画批評の前田有一氏は、クリスが犬に殴りかかるシーンに重要性を見出している。クリスは、打ち破るべき「狼」ではなく、「番犬」を殴ろうとしたのが重要なメタファーであって、彼(=アメリカ)は本当は「狼」ではない存在を相手に戦争をしていたのではないか、というところまで踏み込んでいる。, 個人的に私がこの映画を見たときは、それはミッション中で、敵のスナイパーから銃撃を受けた際に、犬に襲われかけたことを想起させたからあれだけの行動に出たのかと思っていたが、象徴的に見ると非常に重要なシーンだったのがわかる。, このように、一筋縄ではいかない映画だが、それゆえ打ちひしがれるのが自然な作品であるのかもしれない。イーストウッド監督、恐るべし。, ykondo57さんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ©Copyright2020 korekara.All Rights Reserved. こんにちは、ダン(@adan_wb02)です。今回は、最高の実話アメリカン・スナイパーを紹介!, 今回は、国を愛し、家族を愛し、仲間を愛して戦った男の実話をもとにした『アメリカン・スナイパー』のネタバレ・あらすじを紹介していきます。, 圧倒的な作品数20万本!うち見放題作品18万本!洋画から韓流アジアまで、ほとんどの作品が見れる!, 『アメリカン・スナイパー』にの主役は、クリス・カイル役を演じるブラッドリー・クーパーです。, ブラッドリー・クーパーさんは『世界にひとつのプレイブック』、『ハングオーバー! | 実話をもとにしたノンフィクション戦争映画。『アメリカン・スナイパー』のネタバレ・あらすじを解説。カウボーイを憧れたクリス・カイルが人生をかけ国のため、家族のため、仲間のために戦地に赴き「伝説のスナイパー」と名付けられた成績を収める物語。 (ネタバレなしの感想→アメリカン・スナイパー 感想(ネタバレなし) - アメリカンにアメリカ映画を観る!) (音声解説もしています↓) ポッドキャスト アメリカン・スナイパーの”モヤモヤ”を考える(音声解説) - アメリカンに映画を観る! © Copyright 2020 MASA's READING MEMO BLOG. All rights reserved. そんなわけで「アメリカン・スナイパー」はまごうかたなき傑作だが、あまりにも不都合な真実であり、アカデミー作品賞をとることもきっとないだろう。逆に言えばこれが選ばれるならばアメリカにも、世界にもまだ希望は残っているということになる。 サイトトップ ≫ 映画のネタバレ ≫ 「アメリカン・スナイパー」あらすじ・ネタバレ 「アメリカン・スナイパー」あらすじ・ネタバレ 2015.08.23 (Sun) 今は映像作品ブロガーです!記事を書いたり、ネット番組の番組制作をしています!. クリント・イーストウッド監督によるアメリカ映画で2014年に公開されました。伝説の狙撃手として実在したクリス・カイルという人物をモデルとした伝記的作品で、アメリカでの戦争映画としては史上最高の興行収入となっている作品です。主演はブラッドリー・クーパーとなっています。, テキサスに生まれたカイルは、厳格な父親の元、狩猟を教えられながら育つ。時は流れ、ロデオとして暮らしていたカイルだったが、アメリカ大使館爆破事件をきっかけに、軍に志願することを決める。厳しい訓練を通り抜け、アメリカ最強の部隊であるネイビーシールズに配属されたカイルは、恋人であるタヤとともに幸せな日々を送っていた。そんなある日、同時多発テロ事件が起こり、カイルは戦地への派遣命令が下される。イラク戦争で狙撃手としての才能を発揮したカイルは、その戦果から軍内では伝説と称されるようになるが、戦争はカイルの心を少しずつ蝕んでいき・・・。, 映画『アメリカン・スナイパー』観ました。クリント・イーストウッドさんの監督作品はいつかまとめて見たいなと思っていて、『アメリカン・スナイパー』もその一つでした。休みの日に少し時間があったのでAmazonPrimeで観たのですが、これがまたかなり重い内容でした・・・。軽い気持ちで観れるような内容ではなかったのですが、個人的には観てすごく良かったなとも思っています。この映画には確かに存在している世界の一端が含まれているような気がするからです。それはきっと多くの人が普通に生活しているだけでは目にすることのないものでもあります。そして、可能であれば目を背けたくなるようなことでもあると思いました。, この映画は実際に存在したクリス・カイルという人物の半生を描いた自伝的映画となっています。テキサスの生まれである彼は、ある出来事をきっかけにアメリカ最強の部隊と言われるシールズに志願します。厳しい訓練を潜り抜け、イラク戦争へ派遣されることとなるのですが、そこでの体験が次第に彼を変えていきます。アメリカの部隊であるシールズは名前はなんとなく聞いたことがあったのですが、この作品をきっかけに調べてみると、相当凄い集団なんだなということが分かります。劇中で描かれている訓練もかなりハードな様子で、具体的に説明はないのですが、泥の中とシャワーで水をかけられ続けるのを繰り返す。というような訓練をしていました。そんな訓練をくぐり抜け入隊を果たしたカイルなのですが、当時多発テロをきっかけに起こったイラク戦争で派遣されることとなります。そこには、訓練を遥かにに上回る凄惨な現実があったのです。, 戦果を上げていき、次第に隊内では伝説ともてはやされるようになるカイルは敵側のスナイパーと対峙することとなります。相手は元オリンピックメダリストなのですが、この描き方は個人的にはすごく上手いな・・・と思いました。カイルは祖国に妻と子供を持っています。しかし、対峙する相手のスナイパーにも家族と子供がいることが示されます。これは、自分が思っていること、感じていることは相手もそう思っているのだということでもあります。それぞれ自分の正しさを信じていて、自分の行いを『正義』だとして行動しているのです。この辺りはとても深いところだなと思います。カイルと対峙する敵のスナイパーは意図的に鏡像関係となるような描き方をされています。自分が大切だと思っているものを相手も持っていて、それを奪われることの恐ろしさを誰よりも理解することもできるのです。, この映画では戦争から帰ってきた人がどのようになってしまうのかという部分もすごくリアルに描かれている気がしました。(実際に見たことはないので分かりませんが)戦地では毎日が命がけです。毎日どころか毎秒が命がけの緊張状態なのです。そんな場所から普通の生活へと戻っても、心は簡単には戻ってきません。妻であるタヤはそれに苛立ち、なんとかしようとするのですが、彼の心を戻すことはできないのです。おそらく、戦争の凄惨な様子を知っている人は、もとの世界に戻ったとしても、どこかで誰かが戦争をしているのだということが頭から離れないのではないかと多いました。自分が楽しんでいる時も誰かが命がけで国のために戦っている。そこに自分がいれば、少しでも敵を殲滅できたり、味方を守れるかもしれない。自分は一体何をしているんだろう?と思うのかもしれません。, 映画を観た人ならば分かると思いますが、ラストは意外な終わり方をします。戦地でのラストシーンも本当にカオスのような状態で、普通の生活に戻ったかのように見えるカイルも、もう完全に元の彼ではありません。ラストの直前に、妻に銃口を向けるシーンは驚きました。冗談と言い、笑い合っているのですが、やはりどこか何かが欠けているのでは・・・という印象を受けてしまうのです。イーストウッドさんの映画は、数本しか見れていないのですが、どれもずしんとくる作品が多いです。そして、人が目を背けたいと思うような世界の一端を描き出しているような映画が多いです。でも、こういう映画こそ作られ、残すべき映画だなとも思います。アメリカ人だけでなく、たくさんの人が見るべき映画です。こうやって考えると日本って平和だなとも思いました。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. アメリカン・スナイパーのあらすじ・作品解説ならレビューン小説. 観たいと思っていたイーストウッド監督作です。 『アメリカン・スナイパー』 クリント・イーストウッド監督によるアメリカ映画で2014年に公開されました。伝説の狙撃手として実在したクリス・カイルという人物をモデルとした伝記的作品で 自分の時間を自由に使いたいと思い新卒入社5日前で内定辞退。 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』、『ガーディアン・オブ・ザ・ギャラクシー』も勤めた超有名俳優です。, 本作品は、様々な作品を俳優として、プロデューサーとして、監督として作り上げてきたブラッドリーの演技が魅力的です。, また、アメリカの伝説のスナイパーで名を馳せたクリス・カイル(実在した人物)をもとに作られています。, 国のために、家族のために、仲間のために敵を狙撃するも、徐々に精神を病んでいくクリス。, アメリカ軍で史上最も多く敵を狙撃した伝説のスナイパーになるクリス・カイルの物語です。, ただ、撃ちまくっただけではなく、適切に適切な敵を確実に仕留めた背景が描かれています。, 子供であっても、仲間に牙を向けるものも撃たなくてはならない精神状態が描かれていて、見どころ満点です。, 戦場において「敵を倒しながら、自分がやられてはいけない」その集中力、精神状態を保つのはとても大変な様子が描かれています。, 家族と共に居たいが、国を守る使命と仲間を守るために再び戻るクリスの葛藤は見どころあります。, ネタバレあらすじを見ないで、本編を視聴したい方はこれら動画サービスで『アメリカン・スナイパー』が視聴できます!, 月日はたち、30歳のクリスは弟とロデオに明け暮れていた。恋人サラに浮気され、打ちひしがれてるところをアメリカ大使館襲撃テロ事件を見て、シールズ新兵に応募する。, 敵戦地に現地住民を発見し、敵の情報を聞き出すことに成功するも、敵リーダーに現地住民が殺され悔しさにあふれるクリス。, しかし、クリスは戦場での精神状態が続き、家族の時間でも「前向きに話す精神状態」ではなかった。, 帰国すると、敵地で負傷した仲間に感謝される。「命を守ってくれてありがとう、レジェンド。」, 第四回派遣に向かうクリス。家族には「別れを迫られるほど反対される」も現地に到着する。, 遠くからの発砲音で方角を掴んだクリスは、仲間を殺した思いを胸に陣地が敵に囲まれている中で発砲。, 第四回派遣から帰ったクリスは、シールズを引退して家族との時間に向き合うために家に戻る。, しかし、長い戦地での集中を要した精神状態にクリスは「心的外傷後ストレス障害」を抱えていた。, 2013年2月2日、退役軍人社会復帰プログラムの一貫で参加した射撃訓練で共に参加した元軍人の男に射殺され、クリスは命を落とす。, また、動画サービスを契約するのに抵抗がある場合は、Amazonでレンタルするのがおすすめです!, U-NEXTの良さは、圧倒的な作品数20万本(うち18万本見放題)、最新作もレンタルできて幅広いジャンルのエンタメが楽しめるとこです!, 動画だけでも「洋画・邦画・アニメ・韓流・華流・キッズ・ミュージックビデオ・ライブ映像・バラエティ・アダルト」とかなり幅広いジャンルを提供。, 無料体験期間内に解約すれば、一切お金がかかりません。解約も気軽にできるのが魅力的ですね。. Facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます).

函館 トラック協会, 中国 日式ラーメン, サバイバルファミリー コロナ, チェイス サバイバー バンド, 競馬 オリジン 使い方, 韓国プロ野球 選手名鑑, 史上最強馬 ディープ インパクト, 京都橘大学 学費, Nhk 受信料 遡及, ブエナビスタ 2019, 中京大中京 サッカー ウンパルンパ, ブエナ ビスタ ライバル, プロ野球 マジックとは, キリンチャレンジカップ 報酬, 阪神ファンの巨人選手 なんj, オバマ大統領 折り鶴, イラン ロハニ, わろてんか モデル 芸人, おじさま と猫 42話, デジカメ 邪面, キラメイ ジン ネタバレ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です