日本 国旗 意味

日本の国旗/国旗の意味・由来-一般的には「日の丸」、法律上では「日章旗」と呼ばれていて丸は太陽を表す。戦国時代、旗指物として用いられていた。1999年「国旗国歌法」が公布され『旗の縦横比が2対3、赤丸は旗の中心とし、大きさは縦の長さの5分の3を直径にして描く』と規定され … 日本の国旗【日の丸】は、満々中に赤い丸の太陽がありますよね?でも、よく見るとパラオの場合は真ん中ではありません。 少し中央よりも左側に月が配置されています。 これにはどんな意味があるのでしょう? 気になることが満載です。 All rights reserved. 新元号の「令和」になる直前として、日本の国旗である「日の丸」を取り上げた。現在は国旗を掲げただけで「右翼的」と言われる風潮が見事に作られてしまったが、そんなものではない。世界に類を見ない歴史を持つ「日の丸」についてまとめた。是非、ご覧いただきたい。, 「日の丸」は非常にシンプルで面白くない国旗のようにも思う。私も小さい頃はアメリカの星条旗や他の国の少し難しい国旗を見て、かっこいい、と思ったものである。, しかし、「日の丸」の思いを知れば、いかにこれがシンプルでかつ美しいものかと思うようになった。一言で言えば「日の本」日本を象徴するデザインである。まさに空に浮かぶ太陽を象徴した国旗で、シンプルにそれを表現したものである。, 今は1種類が正式であるが、日の丸には2種類ある。一つは「日章旗(にっしょうき)」と言われるもので、現在通常で使われているものである。もう一つは「旭日旗(きょくじつき)」と言われ、大東亜戦争の「軍国主義」を象徴すると言われてしまった存在になっている。いずれも、空高く上がる太陽を示した物で、「日の本」日本にふさわしい国旗と思う。, ではこのようなシンプルな国旗はいつから使われているのか。これは諸説ありはっきりしない。それほど古いと言うことである。, 古代の古墳時代から「日の本」というのは意識されていた。飛鳥時代に変遷された古事記でも、初代天皇の神武天皇が、奈良の生駒山で負けた後にこう言ってその進路を変えている。, 「私は日の神の子孫として日に向かって(東に向かって)戦うのはよくない、日を背にして(西に向かって)戦おう」, こう言って熊野に迂回して近畿地方の征服を成し遂げた。このように日をあがめる考えは日本では定着していた。また、701年頃には文武天皇(第42代天皇)が「日の丸」の原型である「日像」の旗を揚げていたことは知られている。, また、平家物語で語られる「屋島の戦い」(元歴2年:1185年)で、弓の名手那須与一(なすのよいち)が、遠く離れた「日の丸の扇子」を見事居抜き、敵・味方から喝采された、というエピソードがある。, さらには、室町時代(1300年頃)の勘合貿易、豊臣秀吉や徳川家康の朱印船貿易などの船には、「日の丸」が掲げられていたという。当時、明確に「国」という概念がなかったにも関わらず、「日の丸」が日本の象徴として使われていたことは、実に興味深い。, そして、このような「国旗」の歴史は、大国では圧倒的に日本が最古である。日本の先人達は「日の丸」を自分の国を表す象徴として、誇りを持って使用し、敵・味方関係なく、自分の国の国旗として使用してきた。, 天照大神(あまてらすおおみかみ)は、日本神話の始祖で神武天皇より遙か前に生まれた神様である。「アマテラス」という名前が示すように、「アマ」である「天」を「照らす」神様で、すなわち「太陽神」と考えるのが普通である。なお、兄弟には月の「月読尊(つくよみのみこと)」、大地の「須佐之男命(すさのおのみこと)」がいる。, 天照大神は「伊勢神宮」に祀られて、日本の神々の頂点としての存在として慕われる。やはり日本は「日の国」であることの象徴とも言える。天照大神が天の岩戸に隠れた時に、世の中が全て暗くなったという神話の「天の岩戸隠れ」など、まさにその象徴と言える。, 卑弥呼(ひみこ)の時代になると、少し時代は降りてくる。とはいっても3~4世紀頃と推測されるから、今から2000年近く前の話だが。, ここで、「卑弥呼」という字に私は昔から違和感を感じていた。「卑しい巫女」という漢字にもみえ、なんでこんな漢字で習わないといけないのかと思った事を良く覚えている。, 実は「卑弥呼」という名前は、日本の国書(古事記・日本書紀)には出てこない謎の人物なのである。だから、卑弥呼がどこの人か「畿内説」「九州説」といった学術論争が起こるのである。ではどこで出てきたかというと、当時いわゆる「三国志」の時代であったChina(中国)の「魏(ぎ)」が書いた「魏志倭人伝(ぎしわじんでん)」にその名前が出てくるのである。その時に「卑弥呼」という、いかにもChina(中国)の支配者がつけそうな、嫌らしい名前が付いてきた。, それを深く見てみたい。漢字にだまされるといけない、というのは日本古来の「やまとことば」を学ぶ人達が共通して言うことである。「ひみこ」と見たとき、「日の巫女」とみる方が、至って自然ではないだろうか。となると、実は「天照大神」と全く同じ存在ではないか、といった憶測まで立ってしまうが・・・。, とにかく、「卑弥呼」は「日の巫女」であると考えると、「日本」という国及びその国旗と全く整合する。, 「日向」という漢字をみて、ほぼ全員が「ひゅうが」と読むだろう。古代において九州地区で大きな勢力を持っていたとされるのが「日向族」である。しかし、この読み方を「日向」ではなく「ひむか」と読むと、これこそ太陽を尊重し続けた日本人が見えてくる。実際に「ひむかぞく」と読む。, 「日向」は今も九州に地名として残っている。しかし「ひむか」としてはあまり知られていない。そして、この「ひむか」の巫女が「ひみこ」であったとするのが、卑弥呼の「九州説」の一つなのである。, そしてもう一つ挙げておきたいのは、「出雲(いずも)」である。出雲大社で有名な出雲だが、神話の舞台として非常に重要な地である。これは日が直接は出てこないが、山の多い日本において空に「雲」がよく立ち上がる情景を表現した名称と言える。「出雲」というと日の丸と関係ないようにも思えるかも知れないが、空に雲が立ち上がる姿を想像すると、「日の丸」との関連を思える名前と思う。, そして今の時代の最も不幸なのは、これほど誇らしい「日の丸」あるいは日本の国旗を掲げると「右翼」と言われる風潮である。, 当然これは、大東亜戦争に負けてから、GHQを中心とした勢力が以前の日本を全て否定するいわゆる「自虐史観」を植え付けた事によるものである。しかし戦後70年以上経った今、GHQのせいにする話ではない。, 日本の中にいる「反日勢力」は、これほどの歴史と想いをもつ「日の丸」すら「軍国主義」という。あまりに下らないし、歴史を知らない浅はかな議論と言わざるを得ない。これが、China(中国)や韓国などのあからさまな反日国家がいうならまだわからないでもないが、日本人自身がこれをすることがいかに愚かなことか、是非知ってほしい。, 日本の「日の丸」に変な思想はない。ただただ、「太陽」を大事にし感謝する証としての旗である。日本を作っていった先人達が、2000年近くも大切にし心のよりどころとした美しい旗なのである。一度戦争に負けたくらいで色褪せる物ではない。大事にしていきたい。, もっと日本国旗を愛するといいと思う。それが、地域を愛し、国を愛し、自分を大切に出来ると思う。そして日本国旗には、それにふさわしい歴史と美しさがあり先人達の思いがある。, しかし、日本の国旗の歴史を知れば、日本人なら理解し誇りに思うと思う。是非、祝日には日本の国旗を掲げたい。かくいう私も、初めてではあるが、マンションの用の国旗を買ったので、「令和」となる2019年4/30~5/1は国旗を掲げてみようと思う。, 日出づる国、日本。 日本の国旗について説明しますね。 まずトリコロールやトリコローレ、星条旗といった呼称があるように日本の国旗にもちゃんと呼称があります。 それが日章旗、です。 旗比率は2:3。 中央に意匠が入っている旗の比率としては良く採用されている比率です。 無理に奇をてらわない日本らしい(?)オーソドックスな旗比率と言えるでしょう。 次に、日本の国旗の図柄についてです。 日本の国旗は白地に赤い丸…日の丸…で構成さ … 歴史メディアRinto » 日本の歴史 » 日本の国旗について知ろう!「日の丸」とはどんな意味?, 日本の国旗は、1999年(平成11年)8月13日に公布・即日施行された「国旗及び国歌に関する法律」という法の中で定められています。一般的に「日の丸」と呼ばれている日本国旗ですが、正式名称は「日章旗」です。「日章」とは太陽をかたどったしるしのことを指します。, デザインは白地に紅色の日章を中心に配置した大変シンプルなもの。縦横比は2:3、日章の直径は縦の5分の3で中心が旗の中心にくるのが正式な形です。上下と左右が対称であり、掲揚した時に風でたなびいても崩れず美しく見えるというのは国旗として非常に優れたデザインと言えます。, 日章旗の赤い丸は、日の出の太陽を象徴したものです。太陽がモチーフになっているのは、日本人が古代から太陽を信仰してきたことに由来していると考えられています。例えば、日本神話に登場する最高神の天照大神は太陽神と知られていますし、聖徳太子が遣隋使を派遣した時に託した文書で、倭国王を「日出処の天子」称していたことも有名です。, 一方、白色は神聖と純潔を意味します。また紅白の組合わせは伝統的に縁起の良いもの、めでたいものとされてきました。紅白の水引、紅白饅頭、紅白の幕など、現在の私たちの身の回りでもよく見かける組合わせですよね。つまり日の丸は、日本人にとって大切な太陽や日の出をおめでたい色の組合せを使って表した旗なのです。, By This pair of six-panel screens depicting the city of Edo (Tokyo) and its suburbs and the accomplishments of Tokugawa Iemitsu (the third shogun) provides rare historical material for the early Edo period. ]には朝日新聞・毎日新聞・中日新聞・東京新聞・琉球新報などの複数のマスメディアでも国歌(君が代)とともに日章旗を国旗とすることに対して否定的な記事や投書が掲載されたことがあった。また、政党では日本社会党、日本共産党、新社会党、公明党、学校教員の団体である日本教職員組合、全日本教職員組合、宗教団体では創価学会などが、(主に日本の戦争責任と関連して)日章旗への批判を展開するなど、日章旗への反発が存在していた。[要出典], アメリカ合衆国、フランス、ドイツ、イタリア、中華人民共和国、大韓民国などは公然と掲揚されているもしくは公衆の場での国旗の裁断や、焼却などの国旗・国章を冒瀆する行為には刑罰を規定している。このうちアメリカ合衆国、イタリア、大韓民国はあらゆる場での国旗の損壊に対して罰則を設けている(→en:Flag_desecration)[42][43]。ただしアメリカでは「Texas v. Johnson裁判」において自国国旗を燃やした活動家(en:Gregory Lee Johnson)に対しアメリカ合衆国憲法修正第一条(言論の自由)により無罪とする判決が出ている。日本では自国の国旗・国章を損壊することを処罰する法律は無い[44]。外国の国旗・国章の損壊に関しては外国国章損壊罪で規定している(外国国章損壊罪は外国の在日大使館など公的な国章損壊にしか運用されていない。詳しくは外国国章損壊罪を参照)。, 第45回衆議院議員総選挙における、2009年(平成21年)8月8日に鹿児島県霧島市で行われた民主党皆吉稲生候補の集会[45]で、国旗2枚を裁断して支持者が作成したとされる“党旗”を壇上に掲揚した[44]。8月18日、皆吉は、衆議院議員総選挙出陣式で「国旗の使用方法としては不適切で深くおわびする」と謝罪した。同日、民主党幹事長(当時)・岡田克也が皆吉を口頭注意した。皆吉の後援会は、党本部や県連および支援団体に「国旗の尊厳をおとしめる意図は全くなく、主催者の不手際が原因」と謝罪する文書を送付した[46](詳しくは民主党 (日本 1998-2016)#国旗切り張り問題を参照)。この問題を受けて、百地章日本大学教授は、民主党の行為を批判しつつ「国旗への侮辱行為に刑事罰が科されない日本が世界的に異常」とし、国旗に対する敬意は教育で教えることが最も良いが、日本の国旗に反対する日本教職員組合が力を持つ教育界ではそれも難しく、法で定める必要もあるのではないかと指摘した。, バングラデシュの国旗は、日本の国旗のデザインが参考にされている。初代首相シェイク・ムジブル・ラフマンが国旗を決める際に吹浦忠正(聖心女子大学講師。ユーラシア21研究所理事長。初代バングラデシュ日本人会会長)は意見を求められており、日本の国旗の意味について解説している。吹浦はバングラデシュ独立戦争時に国際赤十字の仕事で現地に滞在していた[47]。初代バングラデシュ大統領ムジブル・ラフマンの娘のシェイク・ハシナ首相は、「父は日本の日の丸を参考にした。」と述べた[48]。, 大船製造については、異国船に紛れざるよう、日本国総船印は白地日の丸幟相用い候よう仰せいだされ候。かつ、公儀御船は白絹布交の吹き流し中柱へ相立て、帆の儀は白地中黒に仰せ付られ候。, 「日本古典文学大系 2 風土記」(岩波書店 1958年4月)の伊勢国風土記逸文に、「神武天皇が, 吉野真保編『嘉永明治年間録 四巻』安政二年二月薩州ニ於テ製造ノ船琉砲船江戸海ニ着ス琉砲船長十五間檣三本出し共裾黒の帆標帆三段ふ掛け中程ふ裾黒の吹流し付艫の方日の丸並轡の紋船標小織布交の吹貫を立つ, 横須賀開国史研究会編『幕末浦賀軍艦建造記(横須賀開国史シリーズ 5)』横須賀市、2002年, Morita, D. (2007-04-19) "A Story of Treason", San Francisco: Nichi Bei Times, https://www8.cao.go.jp/survey/s49/S49-12-49-14.html, オリンピック東京大会沖縄聖火リレー ―1960年代前半の沖縄における復帰志向をめぐって, https://web.archive.org/web/20140528005244/https://mainichi.jp/select/news/20140528k0000m030031000c.html, https://web.archive.org/web/20170807084650/https://www.japan-talk.com/jt/new/hinomaru-bento, カンボジアで「つばさ橋」開通——ベトナム・カンボジア・タイが1本の道路でつながった, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=日本の国旗&oldid=80238830, 国旗に文字等を書く(寄せ書き)際、日の丸の部分には何も書いてはいけないという慣例がある。これは、日の丸の部分が神聖とされていたからである。. この前の講演会で日の丸国旗を見ながら国家斉唱をしたけど日本人である事を誇りに思った瞬間だったよ。それもこのブログのおかげです。, この前の「虎ノ門ニュース」で藤井さんと井上さんと居島さんが、3人で国家を歌っている光景もぐっときたよ。, 「・・・人の長処(ちょうしょ)を視るべし、短処(たんしょ)を視ることなかれ・・・」~「言志四録」より~, メールアドレスを記入して購読登録をすれば、新規記事をメールで受信できます。登録解除も受信メールから簡単に出来ます。興味あれば、是非ご登録ください!, 国旗の議論をすると、なぜか「右翼」と言われる。これこそが、China(中国)と韓国のやってきた「反日思想」そのものである。日本人がこれに踊らされている今の状況は、本当に危機的なものを感じる。, 日本の先人達は「日の丸」を自分の国を表す象徴として、誇りを持って使用し、敵・味方関係なく、自分の国の国旗として使用してきた。, 「アマ」である「天」を「照らす」神様で、すなわち「太陽神」と考えるのが普通である。, 天照大神は「伊勢神宮」に祀られて、日本の神々の頂点としての存在として慕われる。やはり日本は「日の国」であることの象徴とも言える。, 「卑弥呼」という字に私は昔から違和感を感じていた。「卑しい巫女」という漢字にもみえ、なんでこんな漢字で習わないといけないのかと思った事を良く覚えている。, 実は「卑弥呼」という名前は、日本の国書(古事記・日本書紀)には出てこない謎の人物なのである。, 「卑弥呼」は「日の巫女」であると考えると、「日本」という国及びその国旗と全く整合する。, 今の時代の最も不幸なのは、これほど誇らしい「日の丸」あるいは日本の国旗を掲げると「右翼」と言われる風潮である。, 日本の中にいる「反日勢力」は、これほどの歴史と想いをもつ「日の丸」すら「軍国主義」という。あまりに下らないし、歴史を知らない浅はかな議論と言わざるを得ない。, 日本の「日の丸」に変な思想はない。ただただ、「太陽」を大事にし感謝する証としての旗である。, 日本の国旗の歴史を知れば、日本人なら理解し誇りに思うと思う。是非、祝日には日本の国旗を掲げたい。, 10月9日に新しい記事をアップしました!今、自動車業界でキーワードとなっている「CASE革命」を取り上げました。是非、ご覧を!, 10月4日に新しい記事をアップしました!武漢コロナからいつ解放されるのか?きっかけを考え待ています。是非、ご覧を!, 「インビクタス ~負けざる者たち~」から見るマンデラ大統領(故)とラグビーワールドカップ. There are several theories regarding the date of their creation. 日本の国旗(にっぽんのこっき、にほんのこっき)は、白地に赤丸が描かれた旗。法律上は日章旗(にっしょうき)と呼ばれ、日本では古くから、一般的に日の丸(ひのまる)と呼ばれる。, 1999年(平成11年)に公布・施行された「国旗及び国歌に関する法律」(通称:国旗国歌法)の規定によれば、「旗の形は縦が横の3分の2の長方形。日章の直径は縦の5分の3で中心は旗の中心。地色は白色、日章は紅色」とされている。上下・左右対称である。, 主に自衛隊で使用されている日章と旭光を意匠化した旗については、「旭日旗(きょくじつき)」を参照。, 日本人の古代信仰として古神道に分類される原始宗教では自然崇拝・精霊崇拝を内包しており、特に農耕や漁撈において太陽を信仰の対象としてきた。皇祖神・天照大神は太陽神である。, 弥生時代から古墳時代(大和時代)にかけて祭器として使われた内行花文鏡の模様は太陽の輝きをかたどったものと言われ、三種の神器の一つ八咫鏡をこの鏡とする説もある[1]。, 初代神武天皇は東征の時に生駒山で敗北するが、「私は日の神の子孫として日に向かって(東に向かって)戦うのはよくない、日を背にして(西に向かって)戦おう」と言って熊野(または伊勢[2][3])に迂回して近畿地方の征服を成し遂げた。第10代崇神天皇は、宮廷内に祀られていた天照大神を宮廷外で祀るようになり、第11代垂仁天皇の在位時に初代斎宮・倭姫命によって伊勢に鎮座した。伊勢神宮の祭祀は、未婚の内親王(女性皇族)を天照大神の御杖代(みつえしろ、神の意を受ける依代)として斎王を立てるようになった。, 第33代推古天皇の在位時代に聖徳太子が隋の皇帝・煬帝へ、「日出處天子…」で始まる国書を送還している。また、飛鳥時代末期に国号を「日本」(日ノ本)と命名したところからも、太陽(日の出)を意識しており、「日が昇る」という現象を重視していたことが窺える。第40代天武天皇は壬申の乱の時に伊勢神宮を望拝した。これが「勝利に結びついた」と考えられ、在位中に伊勢神宮の遷宮を制度化し、第41代持統天皇の在位時に第1回目の式年遷宮が行われた。日本の国家統治と太陽の結びつきはますます強くなった。, この太陽を象った旗を用いるようになったのは、645年(大化元年)の乙巳の変以後、天皇による親政が確立された頃からと考えられる[4]。文献としては、797年(延暦16年)の『続日本紀』の中にある文武天皇の701年(大宝元年)の朝賀の儀に関する記述において、「正月元旦に儀式会場の飾りつけに『日像』の旗を掲げた」とあり、これが日の丸の原型で最も古いものといわれているが、「白地に赤丸ではなかった」と見られている。, 世界中で歴史的に太陽が赤で描かれることは少なく、太陽は黄色または金色、それに対して月は白色または銀色で表すのが一般的である[5]。日本でも古代から赤い真円で太陽を表すことは一般的ではなかったと思われる。例えば高松塚古墳、キトラ古墳には東西の壁に日象・月象が描かれているが、共に日象は金、月象は銀の真円で表されている。第42代文武天皇の即位以来、宮中の重要儀式では三足烏をかたどった銅烏幢に日月を象徴する日像幢と月像幢を伴って飾っていたことが知られるが、神宮文庫の『文安御即位調度之図』(文安元年記録)の写本からは、この日像幢が丸い金銅の地に赤く烏を描いたものであったことが確認されている。また世俗的にも『平家物語』などの記述などからも平安時代末期の頃までの「日輪」の表現は通常「赤地に金丸」であったと考えられている。, 赤い真円で太陽を表現する例としては、古くは中国史上の漢時代の帛画にある(上記の日像幢と同様、内側に黒い烏を配するもの)。日本では法隆寺の玉虫厨子背面の須弥山図に、赤い真円の日象が確認できる。これは平安時代の密教図像などにも見出される表現であり、大陸から仏教とともにもたらされた意匠であろうと推測される。, 日本で「白地赤丸」が日章旗として用いるようになった経緯は諸説あり正確には不明である。, 一説には源平合戦(治承・寿永の乱)の結果が影響していると言われている。平安時代まで、朝廷の象徴である錦の御旗は赤地に金の日輪、銀の月輪が描いてある。平安時代末期に、平氏は自ら官軍を名乗り御旗の色である赤旗を使用し、それに対抗する源氏は白旗を掲げて源平合戦を繰り広げた。古代から国家統治と太陽は密接な関係であることから日輪は天下統一の象徴であり、平氏は御旗にちなんで「赤地金丸」を、源氏は「白地赤丸」を使用した。平氏が滅亡し、源氏によって武家政権ができると代々の将軍は源氏の末裔を名乗り、「白地赤丸」の日の丸が天下統一を成し遂げた者の象徴として受け継がれていったと言われる。 日本の国旗。シンプルだけど深い意味があります。歴史を遡りながら、色や形、日の丸の由来について考えていきましょう。自分の国の旗をかっこいいと思えるようになりたいですね。 新元号の「令和」になる直前として、日本の国旗である「日の丸」を取り上げた。現在は国旗を掲げただけで「右翼的」と言われる風潮が見事に作られてしまったが、そんなものではない。世界に類を見ない歴史を持つ「日の丸」についてまとめた。是非、ご覧いただきたい。 なお、日本では「紅白」がめでたい配色とされてきた。一説には民俗学的にハレとケの感覚(ハレ=赤、ケ=白)にあるとする説や、これも源平合戦に由来するとする説などがある。, 現存最古の日章旗としては山梨県甲州市の裂石山雲峰寺所蔵の「日の丸の御旗(みはた)」が知られている[6][7]。寺の伝承では、この旗は天喜4年(1056年)に後冷泉天皇より源頼義へ下賜され、頼義三男の新羅三郎義光から甲斐源氏宗家の甲斐武田家に相伝され、楯無鎧と対の家宝とされてきた[6]。『甲斐国志』では長さ六尺四布とあるが、現在は約1/4が欠損している[6]。また同じく中世の日章旗とされるものとしては、奈良県五條市の賀名生皇居跡(堀家住宅)に伝わる後醍醐天皇下賜のものが知られる[8]。, 江戸時代の絵巻物などにはしばしば白地に赤丸の扇が見られるようになっており、特に狩野派なども赤い丸で「旭日」の表現を多用するようになり、江戸時代の後半には縁起物の定番として認識されるに到っていた。徳川幕府は公用旗として使用し、家康ゆかりの熱海の湯を江戸城まで運ばせる際に日の丸を立てて運ぶなどした。そこから「熱海よいとこ日の丸たてて御本丸へとお湯が行く」という唄が生まれたりした。, 近世における船旗関連の資料としては、寛永期(1624~1644年)に描かれた江戸図屏風[9]の幕府船団の幟がある。船団中央には、日本丸を改造し改名した大龍丸などが描かれており日の丸の幟を立てている[10]。また、1635年(寛永12年)に江戸幕府が建造した史上最大の安宅船「天下丸」(通称「安宅丸」)で「日の丸」の幟が使用されているのが知られている[11]。東京国立博物館が所蔵する『御船図』(江戸時代・19世紀作)にも安宅丸が描かれており、船尾に複数の日の丸の幟が描かれている。江戸幕府の所持船の船印として、一般には徳川氏の家紋「丸に三つ葉葵」を用いたが、将軍家の所持船には日の丸を用いることもあった。, また、1673年(寛文13年)に、江戸幕府が一般の廻船と天領からの年貢米(御城米)を輸送する御城米廻船を区別するために「城米回漕令条」を発布した際、その中で「御城米船印之儀、布にてなりとも、木綿にてなりとも、白四半に大なる朱の丸を付け、其脇に面々苗字名是を書き付け、出船より江戸着まで立て置き候様、之を申付けらる可く候」と、御城米廻船の船印として「朱の丸」の幟を掲揚するように指示し、幕末まで続いた。, 18世紀末から19世紀にかけてロシア帝国の南下政策を警戒した幕府が蝦夷地天領化・北方警備等のため派遣した御用船(商船・軍船など)も日の丸を印した旗や帆を使用していた[12]。, 国旗としての日の丸は、幕末に船舶用の国籍標識(惣船印)として導入され、その後に船舶用に限らず国籍を示す旗として一般化した。幕末における船舶用としての制定経緯としては、次の二つの説がある。, 歴史学者の松本健一や国文学者の暉峻康隆など、複数の学者の唱えるこの説が定説とされている。 「日本国」の国旗の由来・意味 法律上は日章旗と呼ばれ、一般的には日の丸として親しまれている。1854年から国旗として使用され、1999年の「国旗国歌法」で正式に法で定められた。7:10の比率で、日の丸の中心が左寄りのものも許容されている。 日本国旗の意味. こんにちは。りたろです。 自らの持ち味を社会に貢献する「『和』の学級経営」を軸に発信しています。 今回も引き続き、 「先生のための『和の国・日本国』講座」という主題のもと 国旗「日の丸」(日章旗)の視点から 「日の丸」がどのようにして日本国の国旗となったのか? – http://www.rekihaku.ac.jp/e_gallery/edozu/index.html, パブリック・ドメイン, Link, 日の丸の旗の歴史は長く、飛鳥時代にはすでに原型となるものが使われていたようです。797年に完成した歴史書『続日本紀』の中には、文武天皇が701年(大宝元年)正月の飾りとして太陽をモチーフにした旗を掲げたと記されています。しかしこの頃の旗は黄色や金色を用いることも多く、必ずしも紅白ではありませんでした。, 紅白の日の丸の由来については諸説ありますが、有力なのは源平合戦の結果に影響を受けたというもの。平安時代末期、「赤地金丸」を使用した平家と「白地赤丸」を使用した源氏が勢力争いを繰り広げた結果、平氏が滅亡し源氏が政権を握ったため「白地赤丸」の旗が受け継がれていったというものです。, 江戸時代になると「白地赤丸」は一般的な意匠として普及し、徳川幕府の公用旗としても使用されるようになります。その後、明治に入り新政府も国旗を日の丸にすることを決定しますが、商船用と海軍用で規格が違ったため、長らく2つの規格が存在していました。正式に法律で定められたのが1999年と近年なのはそういった経緯も影響しています。, 日本の旗としては、日章旗の他に天皇旗や旭日旗がありますが、どんな旗かイメージが湧きますか?天皇旗は、紅地に天皇および皇室を表す金色の「十六八重表菊」が描かれた旗です。一般の人が掲揚することは稀ですが、天皇陛下が公務で移動される際に、車に掲げられているのを見たことはあるかもしれませんね。皇族の旗としては、他に皇后旗、親王旗、上皇旗もあります。, 旭日旗は、白地に放射状に光線を放つ日の丸が赤で描かれた旗。旭日旗は海軍旗として採用されていた経緯もあり、軍国主義と結び付けてイメージされることもありますが、めでたさを表す朝日を図案化した意匠は、古くから日本で使われてきたものです。現代では陸上・海上自衛隊旗として使用されている他、民間でも大漁、出産、節句など「ハレ」の場で用いられています。, 海外の国旗には日本の国旗に似たものがあります。そのひとつがバングラデシュの国旗。緑の地に赤い円が描かれたデザインで、緑は国土の豊かな自然を、赤い円は昇りゆく太陽を表しています。赤はまた、独立戦争で流された血を表したものでもあるそう。同じように見えるデザインでもやはりその国の持つ歴史によって意味合いが異なるものですね。, もうひとつ日本の国旗に似ていると言われるのがパラオの国旗です。パラオの国旗は、明るい青に黄色い円が描かれたデザインで、青は海や他国からの独立を、黄色は満月を表していると言われます。こちらも太平洋上に浮かぶ島国ならではの意味合いがある旗です。, バングラデシュとパラオはどちらも親日的として知られている国、その上国旗が似ているとはとても親近感がわいてしまいます。バングラデシュやパラオの方とお話しする機会があれば話題にしてみるのも良さそうですね。, 筆者が子どもの頃は、祝日になると軒先に国旗を掲げる家庭が多かったと記憶しています。現在ではそのような習慣も薄れてきたように感じますが、国旗を大切にする気持ちは忘れたくないものですね。長い歴史と伝統を持つ日本国旗を、これからも大切に次の世代へと受け継いでいきましょう。, 大学卒業後、国内大手航空会社に勤務。現在は英語講師&ライターとして活動中。得意分野は語学、芸術、歴史などです。皆さまのお役に立てる情報を配信していきます。, 江戸時代の一大事「赤穂事件」とは?わかりやすく解説~江戸城刃傷沙汰から忠臣蔵討入へ~, 日本遺産に認定された巡礼「西国三十三所巡り」とは?歴史と代表的な札所寺院を元予備校講師がわかりやすく解説, 四日市ぜんそくや水質汚染を引き起こした四日市公害の背景・原因・被害・裁判・影響などについてわかりやすく解説, 各国で国家を象徴するものとして大切にされている国旗。グローバル時代に生きる私たちは、他国の国旗に対して尊重する姿勢を持つと共に、自国の旗について知ることも大事ですよね。そこで、今回は知っているようで知らない日本の国旗について調べてみました。ぜひあなたもこの機会に国旗について詳しくなって下さいね。, http://www.rekihaku.ac.jp/e_gallery/edozu/index.html. 日本の成り立ちや国名の由来の2個目は「日出ずる処」です。現在の国名の「日本(ニホン)」の国名の起源は、かつて日本が中国から見て、太陽の昇る東の方角にあったので【日の出る処/日の本】といわれたのが由来します。現在も世界での日本の通称はLand of the Rising Sunです。 1. ©2015-2020 SMART BLUE Co.,LTD. 日本の国旗は「日の丸」や「日章旗(にっしょうき)」と呼ばれたりしますが、正式名称は「日章旗」です。 日本の国旗の起源は、諸説色々あるようですが、最も代表的な説として、文武天皇が祝いの儀式で使用した「日像の幡(にちぞうのばん)が、日の丸の起源と言われています。 日本の国旗は、1999年(平成11年)8月13日に公布・即日施行された「国旗及び国歌に関する法律」という法の中で定められています。一般的に「日の丸」と呼ばれている日本国旗ですが、正式名称は「日章旗」です。「日章」とは太陽をかたどったしるしのことを指します。 赤:情熱・忠誠心; 白:純粋さ・正直さ; 中央に描かれた赤丸は太陽を表しており、国旗に使われている赤と白は日本伝統色で「おめでたい」ときに使われる、いわゆる紅白色。 明日は何の日かご存知ですか?多分ほとんどの人が知らないと思いますが、国旗制定記念日だそうです。, なぜ1月27日が国旗制定記念日なのかというと、1870(明治3)年1月27日に商船規則で国旗のデザインや規格が定められたことが由来となっています。, 諸説ありますが、日本国旗の赤い部分は日、つまり太陽を象徴すると言われています。また紅白は日本の伝統色でめでたいものとされており、赤は博愛と活力、白は神聖と純潔を意味するとも言われています。, 皇室の祖先とされる天照大神は太陽の神で、古来より人々に恵みをもたらす太陽は信仰の対象とされてきました。, 飛鳥時代には聖徳太子が隋の皇帝に向けた国書で、有名な「日出ずる国」という表現を使用しており、このことからも太陽を強く意識していることがわかります。, その後の平安時代末期の源平合戦では、平氏が赤地に金丸の旗を、源氏が白地に赤丸の旗を掲げて戦い、源氏が勝利しました。平家が滅亡し、源氏による武家政権が誕生すると、代々の将軍は源氏の末裔を名乗って白地に赤丸の日の丸を掲げることで、天下統一を成し遂げた者の証として受け継がれていったといわれているそうです。もしもこのとき平家が勝利していたら、現在の日の丸は赤地に金丸になっていたのかもしれないようですね。, 来年はいよいよ東京オリンピック。数多くの日の丸国旗が一番高いところに掲げられたらうれしいですが、選手のみなさんには怪我無く精一杯がんばってほしいです。. しかし、その昔からあるデザインが国旗として採用されるまでには波乱万丈(?)な物語があったのです。, もしかしたら日本の国旗は今皆さんが目にしている日の丸では無かったかもしれないんですよ。, また、良く混同される旭日旗と日章旗の違い、日の丸が法律できちんと制定されたのはつい最近だった?, まずトリコロールやトリコローレ、星条旗といった呼称があるように日本の国旗にもちゃんと呼称があります。, それは当時の天皇であった文武天皇で、儀式で立てた日像幡(にちぞうばん)が日章旗の起源と言われています。, 日像幡 画像元:http://katori.cc/karasu/karasu-1.htm, いや、なんかですね、平氏は赤地に白の丸を描いた旗を掲げていたとかいう話があるんですよ。, なんと120人以上の子と孫を残しているので…名乗った者勝ちだったのでは?という…閑話休題, 例えば鉄砲三段撃ちで有名な長篠の戦(ながしののたたかい)では織田徳川連合軍も武田勝頼の軍も日の丸をつけていたとか…, それは…日丸御城米積船という年貢米を運ぶ大事な船に掲げるように規定されていました。, 「日本の船には国旗が無いので所属不明船との区別がつかない。次くるまでに国旗決めておいてね!国旗つけてない船は撃ちます」, それはともかくとして砲撃されちゃあたまらん!という訳で国旗を決めようということになりました。, 長かったですね…昔からちょいちょい使われてて気付いたら国旗になってた日章旗といったところでしょうか。, という話だったので正式に国旗として認められた訳じゃなかったんですね!何て事でしょう!, いや、吉川英治の私本太平記に新田氏の旗をそういう風に記述している箇所があったんですよ。, さて、商船用として認定された日章旗でしたが…認定した江戸幕府がそもそもなくなってしまいます(笑), その後、明治維新で発足した新政府が日の丸を商用旗として承認したのは1870年でした。, なぜ疑問符がつくかというと…この布告…日本船が目印として日の丸を掲げる事、と書いてあるだけなんです。, 国旗及び国歌に関する法律、によってついに日章旗は国旗として法的に制定されたのです!!, それは旭日旗の事では?ということで日章旗の兄弟分である旭日旗について話して行きます。, 旭日旗も日章旗と同じく古くから使われており、特に九州の武士達がつかっていたようです。, 尚、旭日旗は太陽から光がぱーっと差している図案から晴れを意味し、縁起が良いとされていたようです。, これですね。旭日旗 現代ではスポーツ等の応援で使われているのを見た事がある人も多いのではないでしょうか?, その為かスポーツ等の応援で旭日旗を掲げると一部の団体や国からクレームが来たりするみたいです。, マルコポーロが書いた東方見聞録に黄金の国ジパング、と書いたところからJapan(ジャパン)が来たと言われています。, 「いずれも広く通用しており、どちらか一方に統一する必要はないよね」という事らしいです。, 独立記念とか革命の時の~とか独立運動で使われていた旗が由来というのが多いんですよ。, そういう意味でもどちらかというと日章旗は珍しい部類の経緯を持っているかもしれませんね。, 子供心にはあの陰陽の太極図とか四方の四卦が不思議で不思議で…何だろう…って思ってた事…ありませんか?, 犬と猫と読書(歴史・時代劇・ファンタジー・自己啓発・推理小説・探偵小説)と料理と空手ととゲームとTRPGとFXをこよなく愛する。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. Each screen measures 162.5 x 366.0 cm. 日本の国旗の由来も諸説ありますが、国旗として正式に決まったのが、平成に入ってからというのは、驚愕の事実でしたね。 また源平合戦で、もしも平家が勝っていたら、「日の丸弁当」は誕生していなかったのかと思うと、なんとも微妙な気分になります。 All Rights Reserved. では、日本の国旗の由来とは...? 諸説ありますが、日本国旗の赤い部分は日、つまり太陽を象徴すると言われています。また紅白は日本の伝統色でめでたいものとされており、赤は博愛と活力、白は神聖と純潔を意味するとも言われています。 しかし反対意見も少なくなかった。とくに守旧派の幕府体制にこだわる人々には「日本国」という意識が乏しく、惣船印は徳川の「中黒」 を用いればよいではないかとする意見も少なくなかった。しかし開明的な藩主たちの後押しを得て、「日の丸」が日本国の惣船印に定められたのである[14]。, 1854年8月4日(嘉永7年7月11日)、「日の丸」を日本国総船印に定める、とする布達には、次のように書かれている。, 島津斉彬は鹿児島城内から見た桜島から昇る太陽を美しく思い、これを国旗にしようと家臣に言ったといわれている。また薩摩藩から洋式軍艦「昇平丸」を幕府へ献上するため、1855年1月(安政2年2月)江戸へ回航された際、日の丸が船尾部に掲揚された[15]。これが日の丸を日本の船旗として掲揚した第一号とされる[16][17]。, 海事史学者の石井謙治は「斉彬提唱説」を取り上げつつも、日の丸が江戸幕府の御用船旗に用いられた事実から、日の丸が日本船の船印に提唱されたのは自然のこととしている[18]。, 海事学者の安達裕之は、上記の説を俗説に過ぎないとしている。『水戸藩史料』等の幕閣や斉昭の書簡・仕様帳といった当時の史料から、安達が考察した日の丸制定の経緯は次のようになる。, 1853年7月8日(嘉永6年6月3日)の黒船来航は、これまで低調であった大船建造の禁廃止による西洋船建造を推進させた。この際に問題とされたのが外国船との識別方法で、同年9月初旬(同年8月)に従前より「白地中黒」(白地に黒の横一文字)を幕府船の船印にした浦賀奉行が、蒼隼丸・下田丸の代船(後の鳳凰丸)へ白地中黒とは別に日の丸を掲げることを起工前に検討しており[19]、日の丸を日本船の船印にすることを企図している。, 1853年10月6日(嘉永6年9月4日)に老中が浦賀奉行作成の鳳凰丸の図面を評定所一座・勘定奉行・大目付・目付に渡し、惣船印に日の丸を採用することを諮問している。これに対して評定所一座や大目付・目付は、白地中黒を惣船印、日の丸は幕府船の船印にすることを、また勘定奉行は惣船印に白地中黒の帆印、幕府船に白黒の吹貫を提案した。彼らが日の丸を不可とした理由は、御城米船や銀・銅を運搬する幕府御用船に日の丸を200年近く伝統的に用いたこと、日の丸の紅が退色し易いことを挙げている。, その後、外交問題処理が優先され評議は中断したが、鳳凰丸が1854年6月6日(嘉永7年5月10日)に竣工し、幕府は惣船印の決定を迫られた。幕府は、勘定奉行・勘定吟味役・目付からなる大船製造掛に昨年9月の評議案を審議させ、惣船印を白黒の吹貫、帆印を白地中黒、幕府船を日の丸幟との答申を得た。1854年6月29日(嘉永7年6月5日)に老中首座阿部正弘が幕府海防参与徳川斉昭へこの答申を諮問した所、斉昭は白地中黒は徳川氏の先祖である新田氏の印で、日の丸は国名である日本を示す印であり、逆にするべきと提言した。その後1ヶ月余りの間に斉昭と幕府の間で折衝が行われた結果、斉昭の意見が容れられ、1854年8月2日(嘉永7年7月9日)に白地日の丸幟を「日本惣船印」とすることが通達された[20]。竣工したばかりの「鳳凰丸」には日の丸の旗が掲げられ、白地中黒の帆が装備された。, また、石井行夫は安達説を踏襲しつつ、「鳳凰丸」が「昇平丸」よりも早く日の丸を掲げるため公試の一部を省略したこと、浦賀奉行から提出された日の丸の試案が存在したことを取り上げている[21]。, 1858年(安政5年)、幕府目付岩瀬忠震と下田奉行井上清直は、日章旗を掲げて神奈川沖に停泊中のポーハタン号に渡り、孝明天皇の勅許を得ないまま、日米修好通商条約に調印・署名した。, 翌1859年(安政6年)、幕府は縦長の幟(正確には四半旗)から横長の旗に代えて日章旗を「御国総標」にするという触れ書きを出した。日章旗が事実上「国旗」としての地位を確立したのはこれが最初である。, 1860年(万延元年)、日米修好通商条約の批准書交換のため、外国奉行新見豊前守正興を正使とする幕府使節団がアメリカ合衆国に派遣され、アメリカ軍艦ポーハタン号と日章旗を掲げた咸臨丸に分乗して太平洋を横断した。使節団はサンフランシスコに到着後、更に陸路・海路を経由して首都ワシントンD.C.に到着し、当時のアメリカ合衆国大統領ジェームズ・ブキャナンに謁見して批准書の交換を終えた。その後、使節団一行はニューヨークを訪問するが、日章旗と星条旗が掲げられたブロードウェイをパレードする模様が伝えられている[22]。これが国旗として日本国外で初めて掲げられた日章旗とされる。, こうして、「日本国惣船印」は国旗とほぼ同様な使い方をされることになり、次第に「国印」(1863年(文久3年))と呼び方が変わっていった[23]。, 幕府海軍に続き、1862年(文久2年)に創設された幕府陸軍も軍旗に日の丸を採用したことが、2年後の第二次長州征伐頃の幕府陸軍を描いた1864年10月8日付の英週刊新聞『イラストレイテド・ロンドン・ニュース』の挿絵より伺える。以降も幕府陸軍は日の丸を軍旗として使用していた[24]。, 戊辰戦争においては、鳥羽・伏見の戦いの2日目の慶応4年1月4日に、薩長同盟に基づく薩摩藩と長州藩を中心とする軍勢が朝廷から「錦の御旗」を授けられて正式に官軍(天皇・皇室、朝廷の軍)になったのに対し[25]、それ以降の旧江戸幕府軍は賊軍・朝敵となり、戦局に決定的な影響を与えた。旧幕府方の彰義隊、会津藩(白虎隊など)、奥羽越列藩同盟の一部などは、自分たちの共通の旗として上述の「御国総標」たる日章旗を掲げて戦った[26]。, 1870年2月27日(明治3年1月27日)制定の商船規則(明治3年太政官布告第57号)に「御國旗」として規定され、上述の幕府による「御国総標」を継承して日本船の目印として採用された。規格は現行とは若干異なり、縦横比は7対10、日章は旗の中心から旗竿側に横の長さの100分の1ずれた位置とされていた。この日を記念して国旗協会は国旗制定記念日を制定し、国旗掲揚の日としている。, 日本陸軍において、1870年6月13日(明治3年5月15日)制定の陸軍国旗章並諸旗章及兵部省幕提灯ノ印ヲ定ム(明治3年太政官布告第355号)に「陸軍御国旗(陸軍御國旗)」として旭日旗が定められた。, 日本海軍については、1870年10月27日(明治3年10月3日)制定の太政官布告「海軍御旗章国旗章並諸旗章ヲ定ム」(明治3年太政官布告第651号)において、各種の旗章の一つとして艦尾に掲揚する海軍御国旗として白布紅日章が定められ、幕末から使用されていた日の丸が引き続き使用された。規格は現行と同じく、縦横比は2対3、日章は旗の中心とされていた。また、幕末には「国印」と呼ばれるようになっていた日の丸は、同布告のとおり、国際法にもとづいて「国旗」と呼ばれるようになった[27]。, 以後、日章旗は国旗として扱われるようになったが、「国旗」としての法的な裏付けは太政官布告のままであり、法律としては存在しなかった。1931年(昭和6年)2月、第59回帝国議会において全11条及び附則からなる「大日本帝国国旗法案」が衆議院議員石原善三郎により提案され、同年3月26日衆議院本会議において可決された。しかしながら貴族院送付後の3月28日、会期終了に伴う帝国議会閉会により審議未了廃案となり、続く第60回帝国議会に再提出されたものの衆議院解散により再度廃案となり、結局成立しなかった。, 1936年(昭和11年)のベルリンオリンピックにおいては、大日本帝国外地の朝鮮出身の孫基禎が日本代表選手として男子マラソンに出場し優勝した際に、日本統治下の京城(現在のソウル)で創刊された東亜日報は日章旗を抹消した写真を掲載してそれを報じ、11ヶ月の停刊処分を受けた(日章旗抹消事件)。, 1945年(昭和20年)、連合国軍総司令部(GHQ/SCAP)の指令により日章旗の掲揚が原則禁止された。この間、商船旗としては国際信号旗のE旗に基づいた旗が代用された。祝日に限定した特例としての日章旗掲揚許可を経て、1949年(昭和24年)1月1日にマッカーサーは日本の国旗の使用を自由とする旨の声明を発表。これより正式に日章旗の自由掲揚が認められるようになった。, 第二次世界大戦後から1999年(平成11年)の国旗及び国歌に関する法律(国旗国歌法)制定までの間、「反・日の丸」を主張する勢力(日本教職員組合、日本共産党などの革新勢力)は、日章旗の国旗としての法的正当性に疑義を唱えてきた。これに対し日章旗を国旗と認める勢力(自民党、日本会議などの保守派)は、日章旗が日本国旗であることは一種の慣習法と考えられることなどを主張、その根拠として前出の商船規則、大喪中ノ国旗掲揚方のほかにも複数の法令の条文中に「国旗」の文字が使用され「日本国旗が存在することが当然の前提とされている」ことを挙げていた。国旗国歌法制定前の法律で日本国旗を意味する「国旗」の文字を含んでいた事例は次のとおり(当該条文は後に部分的に文言が改正されたものもあるがここでは初制定時のものを掲載。国会の審議を経ない命令(政令以下)での使用例は省略。旧字体新字置換)。, 平成初期から学校の入学式・卒業式における日章旗掲揚に係わる問題が頻発、掲揚に反発する日本教職員組合(通称:日教組)・全日本教職員組合所属教職員と管理職教職員のトラブルから高校校長に自殺者が出るに至った。背景には教育現場における日の丸掲揚と君が代斉唱に対する反対運動があった[28]。このことに対処するため、1999年(平成11年)には国旗及び国歌に関する法律(国旗国歌法)が公布され、正式に国旗として定められた。, なお、天皇の崩御による大喪(一般でいう葬儀)時の掲揚方法は、大喪中ノ国旗掲揚方(1912年、大正元年閣令第1号)に定められている。, 国旗国歌法成立後も一部の教育現場において国旗掲揚に対する賛成派と反対派の対立が続いた[31]。このため、2006年(平成18年)10月31日には衆議院の教育基本法に関する特別委員会において自民党の稲田朋美議員から「学習指導要領の国旗・国歌条項にのっとって教職員には入学式、卒業式において国旗に向かって起立し国歌を斉唱する職務上の義務があるかどうか」との質問が出された。この質問に対して第1次安倍内閣(安倍晋三首相)の伊吹文明文科大臣と民主党の藤村修議員の両名とも「教職員にはその義務がある」と答弁している。, 国旗国歌法の本則における日章旗の制式は、縦横比を2対3、旗の中心(対角線の交点)を中心とし、縦の長さの5分の3を直径(縦を2とした場合r=0.6)とした円(日章、日輪)を描き、白地に紅色の日章とするのが正式である。なお、日章の色に定められている「紅色」は、JIS慣用色名としてはマンセル色体系で 3R 4/14 であるが、より明色に見える朱色系の金赤(同 9R 5.5/14)が使われることも実際には多い。, 長らく慣行(商船規則で定められた制式)として、縦横比を7対10とし、日章を旗の中心より旗竿側に100分の1近づけた点を中心として描くものが使用されてきたため、国旗国歌法の附則第3項で当分の間この制式も用いることができる旨の特例が定められている。両者の縦横比を最小公倍数に換算すると、本則:14対21、特例:14対20となり、本則の方がやや横長(あるいは特例の方が縦長)となる。この違いを取り上げる意見には、日章と白地のバランスとしては特例の方が安定している、風にはためく時の見栄えは日章が旗竿に寄っている方が美しい、とするものもある[要出典]。, なお、1998年(平成10年)の長野五輪では、「円の直径が縦の2/3(本来は3/5)」の日の丸を掲げた。この比率は1962年(昭和37年)の日本宣伝美術会展での永井一正ほか2名による提案でもあったが、1964年(昭和39年)の東京五輪では採用が見送られた(2020年の東京五輪では1999年(平成11年)に法制化された「3/5」を使用予定)[32][33][34]。, 大日本帝国の国軍および天皇の軍隊として建軍された日本軍(陸海軍)の軍旗として、帝国陸軍は1870年6月13日(明治3年5月15日)の明治3年太政官布告第355号とにおいて、日章旗とは別に「陸軍御国旗」として16条の光線(十六条旭日旗)を放つ図案を意匠とする旗(「旭日旗」、日章が旗の中央)を日本史上初めて考案・採用・制定した。1879年、明治12年太政官布告第130号においてこの「陸軍御国旗」は旭日の意匠はほぼそのままに、寸法を小さくし房をつけたものに変更され名称を「軍旗」とし改めて制定された。, 他方、帝国海軍については、1870年10月27日(明治3年10月3日)制定の太政官布告「海軍御旗章国旗章並諸旗章ヲ定ム」(明治3年太政官布告第651号)において、艦尾用の海軍御国旗及び船首旗章として白布紅日章が定められ、幕末以来の単純な日の丸が使用されていた。しかし、帝国陸軍より19年後の1889年に、明治22年勅令第111号において帝国陸軍の軍旗である旭日旗を模倣するかたちで、日章位置が異なる十六条旭日旗(日章が旗の左辺寄り)を軍艦旗として、また艦首旗として日章旗を制定し直した。, ポツダム宣言受諾による日本軍の解体により軍旗及び軍艦旗は廃止されたが、自衛隊の設立に伴い陸上自衛隊は帝国陸軍の軍旗とは意匠を一部変更した八条旭日旗を「自衛隊旗」として、海上自衛隊は帝国海軍と同一意匠の「自衛艦旗」を1954年(昭和29年)にそれぞれ制定した。自衛隊旗及び自衛艦旗は自衛隊法施行令(昭和29年政令第179号)の別表第一[35]で規定されている。なお、自衛隊の航空機等に記されている国籍マークは、旧日本軍時代と同様の白の縁取りが施された日の丸が使用されていた(旧日本軍時代は白の縁取りが無い場合もあった)が、近年低視認性とステルス性の為F-35では赤丸や白の縁取り以外の国籍マークが行われるようになってきた。また自衛隊の戦闘服でも、近年低視認性の為、赤丸や白の縁取り以外の国籍マークが取り付けられるようになってきた。, 青は海・空、白は陸で、接点に税関があることを表している。1892年(明治25年)に制定。, 安津素彦の著作『国旗の歴史』に、「明治時代にイギリスまたはフランス、オランダが日の丸の意匠を買い取ろうとした」という記述がある。, また、この日の丸買収の話は、伊本俊二の著作『国旗 日の丸』では、「1874年(明治7年)の春頃にイギリスが買収(当時の500万円)を申し出て、寺島宗則外務卿を相手に交渉した」としている[36]。ただしこの説は吹浦忠正が著書『「日の丸」を科学する』の中で「真偽は不明とはいえ、私は単なるジョークないし外交辞令上のものではなかったのではないかとほとんど無視することにしている」[37]と結論づけている。, 日の丸は、国旗国歌法によって公式に国旗とされている。法制定以前にも、1974年(昭和49年)12月に実施された内閣府・政府広報室の世論調査[38]において、対象者の84.1%が「日の丸は日本の国旗(国の旗)としてふさわしい」と回答する一方で、「ふさわしくない」と回答したのは8.9%だった[39]。, テレビ朝日が1999年7月に行った世論調査でも、日章旗を日本の国旗とすることに賛成は83%、反対は8%だった。[40]。, 沖縄県において日章旗は1945年(昭和20年)の沖縄戦から1972年(昭和47年)5月15日の沖縄返還までのアメリカ軍統治時代には多くの住民の間で本土復帰を求める象徴であり[41]、各家庭では日の丸を大切に所持していた。, サッカーやバレーボールの国際試合において、日章旗をモチーフとしたフェイスペインティングも2002年(平成14年)のFIFAワールドカップ頃を境に一般化している。, なお、天皇誕生日などの一般参賀での国旗は皇居外苑周辺で配布されているが、これはあくまで民間の社団法人国旗協会の「皇居参賀協力委員会」で提供しており、行政機関である宮内庁は無関係である。, 国旗の取り扱いについては各自治体が定めており、都道府県旗や市町村旗と同じ高さか、一段高く掲揚される。, 国旗掲揚は祝日に限られ、振替休日・国民の休日には掲揚(又は表記)しないことが多い。振替休日・国民の休日は祝日とは異なり、暦上の日取り以外に休日の「祝う意味合い」がないためと思われる。, 主に教育界(日本教職員組合、全日本教職員組合)や左翼活動家によって国旗掲揚が「強制」されているとする認識により、現在も日章旗に対する議論や批判が見られる[要出典]。, 過去[いつ?

ラファエル 綾野剛, 恋つづ ロケ地, 佐藤天彦 家, 増田大輝 50m, リオンリオン ダービー, 高橋優斗 大学 学部, ウイニングポスト 92009, 豊島将之 対局予定, 夏至ステークス 傾向, スーツ2 1話 あらすじ, トウカイテイオー 有馬記念 実況, おじさまと猫 35話, かんすい ラーメン, 森永製菓 株価 上昇, オリックス 歴代選手, ブエナビスタ ディズニー, Nhk 受信料 名義変更 死亡, 岩下 野球 白血病, 高校サッカー 登録人数, ホープフルステークス2019 出走予定, フォルテfc 口コミ, 田島令子 死亡, 魔進戦隊キラメイジャー 動画, キラメイブルー 俳優, 視聴率 ドラマ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です